OS X新バージョン「Yosemite」、そしてiOS8

Appleが毎年6月に開催している開発者向けカンファレンス、World Wide Developers’ Conference 2014(WWDC 2014)が現地時間の6月2日に始まり、MacとiPhoneに関わる事が発表された

まずパソコンMacのOSの新バーション
OS X新バージョン「Yosemite」では、フラットデザインの採用や、これまでより透明度の高い“トランスルーセント”なタイトルバーのデザイン、検索機能「Spotlight」の強化がされる
iOSデバイスとも共用できるクラウドストレージの「iCloud Drive」、「メール」アプリの機能強化、検索機能と一体化し、SNSなどでの共有なども容易になったWebブラウザ「Safari」なども

更にOS X YosemiteではiOSとの連携が強化され、ファイルの送受信機能「Air Drop」がiOSとMac OS間で利用できるようになる
またMac上での作業をiPadやiPhoneで引き継げる、あるいは逆にiPhone上で行っていた作業をMacで送れる「Continuity」、MacからiPhoneで電話をかけ、スピーカーフォンで通話する機能などが提供される

気になるOS X Yosemiteは、秋に無償で配布予定だが、パブリックβプログラムとして、事前にβ版を体験する機会も提供

そしてiPhone、iPadで使用されているiOSも新バーション
iOSの新バージョン、iOS 8では、通知センターの機能強化を始めとする数々の機能強化が盛り込まれるようだ
日本語を含む複数の言語で予測変換を導入し、入力を省力化するほか、音声や動画も扱えるグループメッセージ機能、ヘルスケア系アプリのデータを集中管理する「HealthKit」、App Storeアカウントの家族間での共用など、注目の機能が目白押し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>